2012年9月 花王の子会社経理責任者の業務上横領270,000,000円

 花王といえば有名ですね。日用品大手です。
 こうした有名企業の不正は、他の有名でない企業に比べるとニュースになりやすいようです。
 特に今回は、単に同社名義の口座から自分の口座に資金を振り替えていたのではなく、情報システムに精通した管理職の不正実行者は、同僚になりすまして第三者のチェックを受けたように装って横領していたという手法が注目されました。
 個人的に興味を抱いたのは、会社側が事実を公表したのではなく、愛知県警が発表したことでニュースになったです。通常?(あくまで私の感覚ですが)こうした事件は、公開会社の場合、適時開示情報として開示されるのでは?と思ってしまったわけです。
 花王の適時開示は必要なかったのでしょうか?

 愛知県警によると、2006年2月、1,000万円を会社の口座から自分の口座に振り込み、着服したとして、2012年9月19日、業務上横領の容疑で花王の子会社(愛知県)の情報システム部長を逮捕した。株の購入資金等に使ったとして、不正実行者は容疑を認めているようです。
 この不正は2002年頃から始まり、会社の被害総額は2億7千万円(時効分を除くと1億6500万円)とのことです。
 不正実行者は、保有する株の売却により1億2千万円を返還したものの、残る1億5千万円は返済の見込みがない模様です。
 業務上横領罪の控訴時効は7年。
 2002年頃から始まった長きにわたる横領は、一部、時効により刑事訴追できなくなりました。
 以上が今回の事件の概要ですが、不思議に思ったのは以下です。

「着服容疑発覚後の昨年(2011年)11月、会社は同容疑者を懲戒解雇している。」

 懲戒解雇をするには、単に「横領の疑いがある」という理由では不十分で、その事実を示す証拠ないしは相当な蓋然性が必要とされます。とすれば、会社側は去年の11月に不正の事実を把握しておきながら、適時開示せずに、今回の警察の発表に至って、本事件が一般に開示された、ということです。

 東京証券取引所のHPによると、適時情報の開示が求められる「子会社の発生事実」は以下の通りでした。
1.子会社における災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
2.子会社における訴訟の提起又は判決等
3.子会社における仮処分命令の申立て又は決定等
4.子会社における免許の取消し、事業の停止その他これらに準ずる行政庁による法令に基づく処分又は行政庁による令違反に係る告発
5.子会社における破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始又は企業担保権の実行の申立て又は通告
6.子会社における手形等の不渡り又は手形交換所による取引停止処分
7.子会社における孫会社に係る破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始又は企業担保権の実行の申立て又は通告
8.子会社における債権の取立不能又は取立遅延
9.子会社における取引先との取引停止
10.子会社における債務免除等の金融支援
11.子会社における資源の発見
12.その他子会社の運営、業務又は財産に関する重要な事実

 あえて言えば12.に該当するかどうかでしょうか?
 最近の適時開示の事例からすると、子会社の不正でも適時開示の対象になっているケースが多い気がしたもので、いろいろと勘繰ってしまいました。
 むしろこうした不正事例は開示していないケースの方が多いのでしょう。考えを改めます。
 花王は本事件を適時開示せずにOKだったのでしょうね。

 なるほど、花王の2012年3月期の連結売上1兆2千億、税前利益が1千億円でした。
 今回の不正は、2億7千万円。税前利益との比率は0.27%。金額的な重要性がないことは明らかです(質的な重要性は別の議論ですけど)。

 一応、同社の広報に電話でも確認しました。
 「警察の捜査が進んでいる状況での適時開示は、適切な対応ではないと判断した」とのこと。
 そうでしたか。
 何でもかんでも開示すれ良いと言うわけではなさそうですね。
 本件を契機に情報開示のあり方について、思いを巡らせてみます。Taku
 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】





【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】

12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人埼玉県警察福祉協会 理事に。
処分を受けずに天下り?
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク