FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年8月 子会社の不正相次ぐ(2)

 前回は(1)株式会社ナカヨ「当社子会社の不正取引の疑いに関するお知らせ
(2)東洋炭素株式会社「当社海外子会社における不正行為発覚に関するお知らせ
についてでしたが、今回は下記です。

(3)東武鉄道株式会社「当社子会社元役員による不正行為について」
(4)神栄株式会社「当社連結子会社における不正な取引行為に関するお知らせ」

 東武鉄道株式会社は、「当社子会社元役員による不正行為について」を公表しました。
 連結子会社である東武ホテルマネジメントにおいて経理業務等を担当していた元取締役経理部長による不正です。権限が付与された重役による不正は、なかなか防止・発見が困難とされます。この不正は自己申告で発覚し、被害総額は126百万円です。
 20年間以上の長期に渡り不正出金や着服を繰り返し、パチンコ等の遊興費や消費者金融の返済のために費消していたとのことです。この役員は不正を隠蔽するために、不適切な仕訳の入力や証憑書類の廃棄も行っていたとされます。
 どうやら単独犯によるもので、社内外に共謀者はいなかったそうですが、興味深いのはこの不正の調査を進める過程で、同子会社の東武ホテルマネジメントのマネージャーによる小口現金の着服行為(4.5百万円)も合わせて判明したことです。
 それぞれ別の要因によるものなのでしょう。それぞれ、どのような再発防止策を講ずるべきなのか、興味があります。

 神栄株式会社は、「当社連結子会社における不正な取引行為に関するお知らせ」を公表しました。こちらは中国上海の子会社です。
 同子会社では、2015年以降、取引拡大中であった取引先との間に発生した滞留債権を隠蔽するために、同取引先及びその関連先と仕入及び売上の架空計上を繰り返す不正な取引行為が行われました。
  「滞留債権の隠蔽」と「架空の仕入・売上の計上」との関連性が不明確ですが、不正な取引に関与したとみられる取引先に対する当社グループの平成29年6月末時点の債権総額は約330百万円、また当該取引先から仕入れた在庫は約50百万円とされ、債権については回収可能性、在庫については実在性等を調査しているとのことです。
 この不正、どうも具体的な手法が思い浮かびませんが、こちらも今後の調査に注目したいと思います。

 いずれにしても、子会社での不正、特に役職者による不正が頻発しています。
 「うちは大丈夫」という根拠のない自信は持たない方がよいでしょう。気をつけたいものです。Taku
 


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。