2015年12月 大晦日に思う。研究者不正の「たちの悪さ」。

 「ギャンブルフィーヴァー」や「ツキの法則」の著者の谷岡一郎氏。
 いずれも新書での発行で、その興味深い題名に惹かれて購入し、一気にファンになりました。一般に、賭け事・ギャンブルは「御法度」=「悪」と思われがちですが、これを社会科学として正面から検討している点がとても興味深く感じました。
年末に購入した書籍の中に、谷岡氏の「科学研究とデータのカラクリ」という新書があります。テーマは「研究者不正」です。
「STAP細胞事件」、「ノバルティスファーマの臨床試験データ改ざん事件」、「厚労省ギャンブル依存症記者発表問題」が題材となっており、いずれも大変興味深いテーマです。
 その中で、「研究者による過失・不正のレベル」が紹介されていました。
 研究者不正は、研究者としての社会的な地位を利用し、また関係者がその研究者を信用している分、一般的な不正と比べて、金額的・質的に大きな影響を与えていると考えられます。本書の中の「研究者不正の悪質さ」=「たちの悪さのレベル」に係る記述は「不正事例研究会」のテーマでもある企業会計の不正においても参考になるため、下記にその一部を引用させて頂きました。

【研究者による不正・過失のレベル】
レベル1(単なるミス)
 書き写し間違い、思い込み、知らずに引用、記述漏れ
レベル2(未熟・不作法)
 因果律の過信、研究記録の不備、引用ルールの無視、文法ミス、定義の不明確さ
レベル3(ずさん・一方的)
 質問へのはぐらかし、プライバシー侵害、強引な解釈・主張、二重投稿
レベル4(意図的ミスリード;不作為を含む)
 他人の不正無視、批判無視、研究費流用、不都合データへの不言及、根拠のない主張
レベル5(犯罪行為;即アウト!)
 論文の盗用、データ操作、データ改ざん、ねつ造

 なるほど研究者の論文に限らず、仕事上のコミュニケーションを考えても、「優秀な方」は、レベル3~5は一切該当がないでしょうし、逆に「胡散臭い方」は、これらに該当するケースが多いのかも知れません。また、レベル1~2の「ミス」「未熟」「不作法」についても、優秀な方の該当は数少ないでしょうが、「優秀ではない方」はレベル1~2に多く該当している気がします。
本書でさらに私が興味深かったのは、上記レベル1~5に該当しない「上記以外の掟破り(下品な行為)」としての以下の行為です。
 「学会の名を使って商売」、「ピア(仲間)の優遇」、「身内に甘い処理」、「事なかれ主義」、「事実を認めない」、「謝らない」、「批判者をわざと攻撃」、「開きなおり」・・・。
 本書では上記の用語について細かい解説が付いており、とても興味深いのですが、これらもまた、必ずしも研究者のみに該当するわけでなく、一般的な適用が可能でしょう。
 不正は軽微なうちにその芽を摘むことが重要ですが、こうした研究者不正の事例を読むことで、不正の兆候を把握することに繋がると思います。Taku
関連記事

2015年12月 曙ブレーキの「押込販売」

 東証一部上場の曙ブレーキ工業株式会社は、2015年12月、「調査委員会の報告書受領及び不適切会計処理に関する再発防止策のお知らせ」を公表しました。
 本不正事例で問題となったのは「押込販売」です。
 一般に「押込販売」は、販売先が望んでいないものを「販売したことにする」手法の総称です。仮に「買戻条件」等が付されている場合には、実際には販売したことにはならず、架空計上に該当する場合も考えられます。
しかし本件の押込販売は、売上高の架空計上と異なり、本来翌期以降に計上するべき売上高を前倒し計上していたことを意味しています。
 通常の売上計上基準としての実現主義では、「財貨移転の完了」と「対価の成立」の2つの要件が必要とされます。つまり、製品を出荷して相手に引き渡し、かつその代金を請求する権利が確定したタイミングで、売上高を計上する方法が一般に採用されているのです。
 この点、本件の押込販売は、相手の適正在庫量を大幅に超える量の商品を出荷して、代理店に収容しきれない商品を外部倉庫等に収納して、「財貨移転の完了」を仮装していました。まさに相手が望んでいないものを出荷したことにして、販売したことにしたわけです。
 同調査報告では、本件の原因分析を種々行っていますが、私が注目したのは以下の3点です。
 1.押込販売を容認する風潮
 社内で「押込販売」という不適切な言葉を一般的な用語として用いていたようです。本来、不適切な行為を意味する用語を罪の意識無く使用すれば、「悪いことをしている」という意識が希薄化して、自らを正当化する要因にもなるのでしょう。
 2.目標達成圧力
 上記1.に加えて上層部からの目標達成が過剰に強調されれば、「押込販売しかない」という動機やプレッシャーが生まれ、不適切な会計処理を惹起する可能性が増大するのでしょう。
 3.取引相手との特別な関係
 本件の押込販売に応じた代理店は、インセンティブ加算などの実利があることに加え、持分法適用関連会社である等の資本関係・人的交流関係があったことが指摘されています。
 こうした特別な関係は、「困ったらあの会社に押込販売をお願いしよう」という甘えの生じる要因となりますし、不正を行う機会をもたらします。同調査報告書もこの点を重視して、特別な関係のある会社については、より一層コンプライアンス意識を保持することを強調しています。
 なお、本不正事例は、業績に与える影響も軽微と判断され、会社は過年度の決算訂正も行っていません。なるほど金額的な影響も大きくないことから、その判断は適切であったと考えられますし、むしろ大きな不正事例に発展する前に、早期に問題が発覚した事例として評価されるべきケースとも考えられます。
 最期に、本不正事例は、監査法人の指摘が発端で発覚したとのことです。
 監査法人が不正を看過すると大きなニュースになることがありますが、監査法人の指摘によって不正が発覚したとしても、あまりニュースにならないのが実状です。やや不謹慎な例えかもしれませんが、「犬が人を噛んでもニュースにはならない。人が犬を噛むとニュースになる。」と言われる所以でしょうか。Taku

関連記事
プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク