FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月 焼津市社会福祉協議会の職員が41,000千円着服

 2013年3月 焼津市の社会福祉協議会の職員が不正に41,000千円を引き出し、着服していたと発表しました。既に全額返金されているようで、同協議会は不正実行者について刑事告訴は行うかどうか不明としつつも、懲戒免職処分とするようです。
 特に手が込んだ不正ではなく、とても地味な不正なのですが、目にとまりました。
 基本的に不正は、このような単純なモノなのかも知れません。
 不正実行者は係長。不正期間は2010年7月~2011年12月の約1年半。
 1回に100万円から500万円の普通預金を引き出して横領し、定期預金に移し替えているように見せかけ、定期預金証書を偽造していました。
 当然、定期預金の満期が来れば、金融機関から連絡が来るはずなのに、来ません。
 不審に思った後任者が金融機関に問い合わせ、定期預金が架空だったことが判明します。
 単純明快な不正です。
 なぜこうした不正が無くならないのか?
 本人は「魔が差した。競馬や宝くじに使った」とコメントしたようです。
 しかし、発覚することが分かっていて、それも借金で苦しんでいたわけでも、生活に困窮していたわけでもない、きっと平凡で真面目そうに見える(すいません。想像で話しています。)職員が、なぜこうした犯罪に手を染めることになったのか?
 私には理解できません。
 この不正は、不正実行者が土日に出勤して局長等の印鑑を使用したとされます。
 当然のことですが、局長等の印鑑に係る管理がより厳重であったならば、この人は不正をしなかったと思うのです。例えば、局長等の印鑑の物理的な保管方法に加えて、押印簿による管理がなされていれば、相当な牽制になったはずなのです(こうした管理が行われていたかどうか不明のまま話しています。仮にこうした管理が行われていたのであれば、不正実行者の手癖の悪さが強調されるべきでしょう。この場合、上記の想像は撤回します。)
 不正実行者に不正の機会を与えた管理体制の不備が仮にあるならば、その不備を省みずに「不正を実行したモノが悪いのだ。我々は被害者だ。」と被害者面していれば、また同様のことがおきるでしょう。きっと。
 不正は単純なケースが多いのです。その不正の防止策も、実は単純なケースが多いのです。
 被害者にならないように、また不正実行者に機会を与えないように、少なくとも単純な不正防止策は考えておいた方がいいのでしょう。ところで会社の印鑑について押印簿、作ってますか?一般的な会社はありますよね。Taku

関連記事
スポンサーサイト

2013年3月 ネットワンシステムズの続報~不正のトライアングル(2)

既報のネットワンシステムズの元社員による不正行為の調査結果が2013年3月に公表されていました。
当社元社員による不正行為に係わる調査結果に関するお知らせ
 本不正行為は「優秀な営業マン」として評価が高かった不正首謀者(以下、A)が、約7年間にわたり取引先との共謀により、架空の外注費を計上し、789百万円(前回の報道よりも40百万円ほど増加しています。)もの金員を流出させ、それを詐取し続けた事件です。
 これだけ長期にわたる不正であり、また金額も大きいですから、当然に事前に社内で問題になっていることが想定されましたが、上記報告書によると、やはり内部監査担当者が当該不正の兆候を把握していることが示されています。内部監査担当者は、あと一歩で不正を発覚するところでしたが、残念ながら検証が不十分なまま調査は終了しており、結果的には、Aの説明を「鵜呑み」にしていたようです。(架空の外注先の本店が商店街の一角のアパートであることを突きとめながら・・・なんとも残念でした。)
 また、今回の不正発覚の発端は国税庁の調査(架空の外注費計上の否認等)でしたが、通常、税務調査の対応は経理部等の税務申告を管掌する部署が行うところ、本件では「本社が主導すべき国税調査対応をAが牛耳っていた」とされます。
 この時点で、国税庁の人だけでなく、社内のほとんどの人間が「これは何かあるな?」と気ついたはずです。国税庁に対して営業マンのAしか説明できない状況がある、ということ自体が「あり得ない」からです(実際に社内では、独自に外部弁護士を交えて調査を始めたようです。)。
 要するに「Aは特別な存在で、何をしてもお咎め無し」という社内の環境ができあがっていたわけです。ただ、Aの残念なところは、内部の者はねじ伏せることはできても、外部の人間には、儚くも無力だったことです。
 当然のことですが、Aは「嘘」をついているわけですから、その回答に矛盾が生じるはずです。やはり国税調査でも不審な外注費が問題となりますが、Aは内部監査とは異なる説明をし、国税庁にその矛盾を憑かれます。しかしAはその矛盾を解消するべく、内部監査の監査記録を加筆するよう内部監査担当者に依頼したのです。内部監査室はその要求に応じてしまいますが、調査報告書では、「A の要求にしたがって安易に監査記録に加筆する行為は、内部監査室の独立性に反する行為であるといわざるを得ない。」としています。
 確かにその通りですが、私が最も気になるのは『内部監査担当者は独断で監査記録に加筆したのか?』ということです。換言すれば、「内部監査部門長が指示を仰ぐべき最高経営責任者等は、何も知らされないままだったのか?」ということです(もしそうであれば、内部監査部門長の責任は、かなり重いはずです)。
 Aは無名の従業員ではなく、社内の評価が高い「やり手」です。
 上層部も一目置く有名人でしょう。
 社内の内部監査部門の評価にも左右しますが、内部監査部門長としては、「あのAと対峙している」ということについてプレッシャーを感じつつ、「もはや独断で責任の負える案件ではない」、と考えていたかも知れません。
 少なくとも私が内部監査担当者ならば、そのように考えますし、「Aがまた問題になっています」と上層部に連絡を入れるでしょう(この辺りは、改善提案等を含めて、調査報告書に直接的な記述はありません。できれば内部監査部門長の本件に関するコメントを聞きたいところです。)
 
 もちろん、調査報告書では、役職者の減俸について明記されてはいますが、その不正の兆候に気付いていながら抑止できなかった責任について、内部監査部門以外の者の責任について、もっとクローズアップしても良かったのではないか、と考えます。(Aに対する調査結果や内部監査の監査調書の加筆について、内部監査部門長が上層部に何ら報告をしていなかった場合にはその旨を明示しても良いでしょう。)

 ちなみに、前回の記事に関連して同社が本事件についての「不正のトライアングル」を示しています。
「(イ)動機
 A は、NOS(ネットワンシステムズの略) の営業幹部として相当額の収入を得ていたが、高級クラブでの飲食、大きな家、高級車、ゴルフ会員権などのためには、NOS からの給与だけでは足りないと思っていた。そして、B(外部共謀者;取引先のX銀行行員)、C(システム会社社員) と共に、強い意思をもって能動的に、詐欺を実行したものである。
(ロ)機会
 NOS における内部統制システム、ガバナンスの脆弱性は、A、B、C らに犯行の機会を提供すると共に、長期間にわたる犯行、さらに大胆な犯行を可能にする機会を提供し続けた。
(ハ)正当化
 NOS に残存している属人的企業風土の中で、「できる営業マン」と周囲から賞賛され、「X銀行案件はA 案件」として他の関係者がA に頼り、思考停止状態にあったことは、「NOSの売上、利益に貢献しているのだから、利益の一部を自分のものにできて当然」という正当化の根拠をA に与え続けた。」

 最後に、調査委員会のヒアリングに対して、A は、以下のコメント残したそうです。
「処分については、これまでのNOS に対する私の功績を考慮してほしい。私は多額の受注、売上、利益で会社を十分儲けさせてきた。」
 これも不正リスク要因の一つとしての「正当化」の例であります。念のため。Taku
関連記事

不正のトライアングル

 先日、昔見た「麻雀放浪記」という映画を改めて見る機会がありました。
 阿佐田哲也氏の原作も昔、読みました。
 原作を読んだ上で映画を見ると、良くがっかりするケースが多いのですが、この映画は別格です。何しろ配役が素晴らしい。加賀まりこさん、綺麗です。
 さて、私は麻雀をほとんどやりませんが、映画を見て、「不正のトライアングル理論」を思い浮かべました。これは20世紀半ばのアメリカの社会学者(犯罪心理)クレッシーが提唱した有名な理論で、広く一般的に採用されています。この理論では、不正リスク要因を(動機・プレッシャー、機会、姿勢・正当化)の三つに区分して、この三つが揃わないと不正が起きないと考えます。
 例えば、会社財産の私的な流用の場合、その不正実行者には、例えば以下のような不正リスク要因があったこと考えられます。
①借金の返済に負われて何とかお金が欲しかったという「動機」、お金がないとどうしようもないと言う「プレッシャー」
②管理体制の不備等、私的流用を可能にする「機会」
③少額の窃盗に寛容な経営者の「姿勢」や、悪いことと知りながら「一時的に借りるだけ、後で返すから」といった自分への「正当化」
 麻雀放浪記でも、イカサマが横行します。
 「ツバメ返し」やら「ニのニの天和」など、私もあまり詳しくないのですが、こうしたイカサマでも、やっぱりクレッシーの不正のトライアングル理論に合致します。
 負け続けると身ぐるみをはがされるという「動機」や「プレッシャー」の中で、相手の見ていない「機会」を伺いながら、「どうせみんなイカサマをしているだろう」「俺だってイカサマしてやる」という「姿勢、正当化」が横行しているのです。
 どうでも良い話ですが、私が最も印象に残っているシーンは、最後の最後、上州虎を演じる名古屋章が人差し指を曲げて立てるシーンです。盗みでもして麻雀をするためのお金を稼いできたのでしょう。手が付けられないほどの悪人振りです。
 さて、「動機・プレッシャー」が内面に関する問題であって、外部からコントロールが困難である以上、「機会」、や「姿勢・正当化」といった点に着目して、不正防止のための管理体制を構築するべきなのでしょう。
 例えば、特定の従業員に委せきりにすれば「不正発生の機会」になるでしょうし、経営者のモラルが低ければ「不正を許容する姿勢・正当化」になります。個人的には、「不正は絶対許さない」という経営者の姿勢こそが重要で、この姿勢が組織内に浸透すると、必然的に不正の機会を減らすような管理体制が構築されると考えます。
 まずは、経営者自身が不正にどのように対峙しているのかを示すことが肝要なのです。
 ある調査では、社長が営業マンに、「売上を上げろ!」と伝えるのと、「売上を上げろ!でも不正はダメだぞ!」と伝えるのとでは、後者の方が不正の発生可能性は断然に低くなるそうです。経営者の影響って、大きいですよね。参考まで。Taku
関連記事
プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。