スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正と税金

1.仮装経理に基づく過大申告の場合の更正
 広義に粉飾といった場合、狭義の粉飾(業績の嵩上げによる利益の過大計上)と逆粉飾(主に脱税目的の利益の過少計上)とを意味します。
 一般に税務上問題になるのは後者で、国税局や税務署は「脱税していなか?」「利益の過少計上はないか?」という視点で調査することが一般的です。一方で、利益の過大計上(架空売上や費用非計上)により生じた所得については、税務上は、あまり問題視されないケースが多いように思われます。
 というのも、本来払わなくてもよい税金を「率先して(業績を装って)」支払ったわけですから、粉飾自体は咎められる違法行為ではあるものの、それに伴う納税自体は「その違法行為の対価」として、問題視されないのかもしれません。
 一般論としては、既に行った申告について税額が多すぎた場合には、申告期限から5年以内に更正の請求ができます(国税通則法23条)。つまり「納めすぎた税金を返してください」といえるわけです。
 しかし、粉飾の場合はこの一般論が該当しません。
 業績を装ってあえて税金を納めたにもかかわらず、その粉飾の露見に至ったことから、更正の請求により税金を取り戻す、というのはあまりに虫が良すぎるといえるでしょう。
 そこで法人税法では、「仮装経理に基づく過大申告の場合の更正と法人税額の還付の特例」という制度を用意しています。
 これは、粉飾決算を行っていた場合の減額更正について、減額となった法人税を直ちに還付せず、その後5年以内の事業年度の法人税額から控除するという制度です。つまり「納めすぎていた税金を返してください」といったとしても「粉飾していたからダメ。その代り、今後納める税金にその分を充当してあげよう」ということです。
 要するに、粉飾を行った以上、通常の更正の請求と同様の還付は受けられないという罰則的な扱いがあるのです(会社の解散や合併等の一定の事由に該当すると、減額更正後、直ちに還付される場合もあります)。

2.不正に係る税金
 会社が不正を働いて損失を被った場合でも、その損失が会社の節税に寄与するとなれば、課税の公平性に反することになるでしょう。そのため、隠蔽・仮装等のために要した支出、賄賂その他、法人による不正行為等に係る支出は、所得金額の計算上、損金の額に算入されないことになっています(法人税法55条)。
 この規定は、隠蔽仮装行為に要する費用だけでなく、隠蔽仮装行為により生ずる損失の額も含みます。例えば、延滞税や過少申告加算税、無申告加算税及び重加算税、印紙税法の規定による過怠税もしかりです。罰金や科料、刑法に規定する賄賂や独占禁止法や金融商品取引法に規定する課徴金等も同様です。
 地味な話のようですが、たとえば印紙税。
 調査によって印紙税が納付していないことが判明した場合には、納付しなかった印紙税額と、納付しなかった印紙税額の200%相当額が過怠税となります。つまり合わせて3倍です。当初の納付予定額の3倍の額が過怠税として納税が必要となり、しかもその全額が損金不算入となるのですから、かなり懲罰的です。
 また、法人税法127条1項3号では、青色申告の承認の取消事由として、帳簿書類に取引の全部または一部を隠蔽しまたは仮装して記載し、その他記載事項の全体についてその真実性を疑うに足りる相当の理由がある場合を規定しています。この場合、租税特別措置法に規定する特別償却や税額控除や欠損金の繰越その他といった種々の税務上の特典を受けられなくなります。

 このように法人税法も企業不正を牽制する規定を置いています。
 しかし結果的には、本稿は、かなり地味な話になってしまいました。
 やはり、そもそも税法は税金を徴収するための法律ですから、利益の過大計上を伴う不正には、意外に(?)寛容なのかもしれません。Taku
関連記事
スポンサーサイト

フタバ産業 有印私文書偽造及び同行使

 自動車部品等のメーカー、フタバ産業(東証・名証1部上場)の元財務・経理担当役員と同社の元関連会社(不正融資先とされる)の役員らが「有印私文書偽造・同行使」の容疑で逮捕されたとの報道がありました。
 報道によると、2008年10月に上記の関連会社に1,500百万円を振り込んだ(これが不正融資とされます)にもかかわらず、別の会社に振り込んだように見せかけるため振込伝票3通の写しを偽造し、監査法人にファックス送信したとのことです。要するに、関連会社への不正な貸付の隠蔽のための書類偽装が問題となったのです。
 もう4年以上も経っていました。
 今回、改めてニュースになったことを契機として、当時話題になった昔の話を紹介しましょう。

 フタバ産業は、トヨタ自動車等を顧客とする愛知県岡崎市にある会社で、2012年3月期の連結売上高は、3,720億円、連結従業員数9,824名の歴史ある会社です。
 同社は過去において不正融資や過年度決算修正で話題になりました(今回の報道は、過去における不正融資(1,500百万円)に関連したものと思われます)。
 不正融資は、前社長が推進してきたロボット事業(「社長案件」として聖域扱いされていたようです)のため、経理担当役員等は正式な決裁手続を経ずに関連会社の資金繰りを支援していたとされます。
 これに関連してか、当時の同社の有価証券報告書の一部(2009年3月期の財務諸表の注記事項「追加情報」)に以下の記載があります。
「当社の子会社・・・に対する不正融資に関連して、当社従業員は平成19年11月26日に、50枚の手形用紙を持ち出し、取引の裏付けのない融通手形1,500百万円(300百万円×5枚)を無断で発行して回収後廃棄処分し、未使用分の45枚の手形用紙についても廃棄処分したと供述しており、発行済みの手形については、現在公示催告の申し立てを行っております。・・・万が一手形の所持人から届出があった場合の損害を見込むことが不可能なため、その影響を連結財務諸表に反映しておりません。」
 こうした注記は異例です。
 開示上及び監査上の取扱いも議論の余地はあるとは思われますが、当時の監査人は上記の注記情報を監査報告書に「追記情報」として重ねて記載することで、利害関係者に注意を喚起しています。
 また、同社は2008年12月に2004年3月期~2008年3月期の過年度決算修正を行っています。
それも直前3期については黒字と公表した過年度数値を「実は赤字だった」とする大幅な訂正でした。当期純損益の修正前後の金額を比較すると以下のとおりです。
 2006年3月期 当期純利益11,449百万円→△12,194百万円(当期純損失)
 2007年3月期 当期純利益12,770百万円→△33,176百万円(当期純損失)
 2008年3月期 当期純利益11,046百万円→△12,622百万円(当期純損失)
 これまた異例中の異例です。
 さらに、上記に関連して同社の2009年3月期の決算は、業績悪化を受けて継続企業の前提に係る注記(重要な当期純損失の計上及び財務制限条項の抵触を理由とする)もあり、加えて同年度から開示が義務付けられた内部統制報告書には、同社は評価結果(内部統制が有効か否か)を表明せず、その結果、監査法人はその内部統制報告書に対して意見不表明としています。
 これも異例です。
 ちなみに、2011年6月の定時総会で同社の監査人は交代しています。
 2011年3月期以前はあずさ監査法人でしたが、2012年3月期以降は監査法人トーマツとなりました。
 交代理由が気になるところですが、当時の会社の公表した資料によると、「異動に至った理由及び経緯」として「株主総会の終結のときをもって任期満了により退任になるので、新たに有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選任する」とあります。
 しかし、そもそも会計監査人の任期は1年ですから、毎年の株主総会の終結をもって任期満了となっているわけで、果たして異動に至った理由として上記が十分なのかどうか、定かではありません。
 いずれにしても、今回の報道は警察の公表を受けた形ですが、昔の話が掘り返されるような今回の報道に関して、同社はHP等で何ら対応はしていません。
 同社にとって見れば、もう過去の話として、蒸し返されたくはないのかも知れません。Taku

2013年1月 嘘を見抜く方法

2013年、今年の初記事です。
今年もよろしくお願いします。

「嘘を見抜く方法」というと、なんだか安っぽいテーマですが、私自身、大学時代に心理学を専攻していたこともあり(関係ない?)、また不正実行者へのインタビューの経験も踏まえつつ、嘘を見抜く方法について考えてみたいと思います。
 平気で嘘をつく人もいますが、通常の人は嘘をつくと「なんらかのストレス」を感じるようです。その「なんらかのストレス」は言動になって表れることが多く、それを見抜くことができれば、嘘を見抜くことができるかも知れません。
 不正実行者は、自らの不正の関与を否定するため嘘をつきます。
 その嘘を見抜くために不正実行者と思しき回答者の言動に注意を払わなければなりません(しかしながら、これらはあくまで「傾向」であって、確実に嘘が見抜けるわけではありません。念のため)。
 一般的に指摘される嘘の兆候は以下のとおりです。
1.向かってみた場合、質問回答者の視線が左上を向く(質問回答者が右上を見ている) 
 右脳と左脳の機能に関係するようです。
 人は記憶を辿ろうとする場合、左上に視線を向けると言われています。左脳を検索するイメージでしょう。実際起きた過去を思い出そうとしているならば、それは真実であることが多いのです。一方、右脳を検索するように視線が右上に移った場合、どうしようか悩んでいる状況、又は将来に備えていることを意味すると言われます(この場合、向かって見ると視線は左上を向いています)。
 右上、左上、どっちだ?
 ややこしいですが、要するに質問者から向かって質問回答者を見た場合、質問回答者が右上を見たら真、左上を見たら嘘の可能性が高いと言うことです(左利きの人の場合は逆になると言われています)。
 この説は、脳が司る機能を踏まえた有力な考え方でしょう。
 「目は口ほどにモノを言う」という諺にもあるように、質問回答者の視線に着目している点で信頼性の高い方法だと思います。単純に、視線を合わせるかどうかも嘘の兆候としては重要な要素と言われますが、この点は後述します。

2.嘘をついた後に笑みが出る、顔の部分(目や鼻や口)を手で触れる
 嘘をついたときの心理的な不安が動作になって現れるようです。
 例えば、好意を抱く人の手料理を賞賛して「この料理おいしいね~」といった後、本当は「不味い」と思っていれば、笑みが出てしまうようです。(なんちゃって)などと思っている自分に対する言い訳なのでしょうか。さらには、「プロの腕前だね~」などと嘘を上塗りした場合には、手で口を触ったり、鼻を触ったり、目をこすったり・・・必ずしも必要ではない動作によって、嘘をついた自分の心理的な不安を紛らわせているのかも知れません。
 この説も有力です。
 要するに、穏やかでない心理状況が、何らかの不自然な動きを生じさせているわけです。
 同様の嘘の兆候として、以下があります。
・しゃべり方が変わる(声が裏返る。トーンが変わる。早口になる。)
・むせかえる、咳払いする、驚いた顔で動かなくなる。
・急に手振りが増える(又は減る)
・急に優しくなる、異常なほどに敬意を払いだす。
・「記憶にない」「覚えていない」の一点張りになる。
・とぼけた顔で質問内容を復唱する、質問を質問で切り返す。
・手を組む、足を組む、座り直す、姿勢を変える。
・余計なことをしゃべり出す。聞いていない詳細な話をする。
・発汗する、呼吸が乱れる、涙腺が緩む等
 全部当てはまる人がいたら大変な騒ぎになりそうですが、端的には「普段と違う状況になる」といって間違いないようです。
 先ほどの「目を見て答えないと嘘」という考えもあるようですが、これも必ずしも正しいわけではなくて、普段と逆を考えた方がより適切と言われています。つまり、普段目を見て話す人は、目を見ないで話していれば嘘の可能性が高いでしょうし、普段目を見ないで話す人が急に目を見て話すようになれば、これもまた嘘の可能性が高いということでしょう。
 「嘘も方便」と言いますし、知らなくて良い真実もあるでしょう。
 しかし、不正事例研究会としては不正実行者から真実を聞き出すことが非常に重要なことなのです。そのためには嘘を見抜く方法も十分に検討に値すると考えました。

 私個人の見解では、嘘を見抜くにはやっぱり「目」だと思っています。
 目が泳いで視線が定まらず、左上を見ながら、口角泡を飛ばしていれば、かなりの確度で嘘をついているのでしょうね。そういえば、そんな態度で大嘘をついていた人を思い出しました。昔の記憶ですが・・・。Taku

関連記事
プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。