2012年7月ソリトンシステムズの経営管理部長不正

ネットワーク機器、セキュリティ製品の開発、販売を行うソリトンシステムズ(JASDAQ)は、元社員(元執行役員 経営管理部長)が、不正に当社の銀行口座から 170 百万円を引出し、着服したことを発表しました。会社はこの元社員に対し、当該執行役員の職を解任し、懲戒解雇処分を決定しています。また、法的責任追及に関しては、刑事告訴を念頭に対応を協議中とされ、現在、金額を含め、内容の詳細を調査中とのことです。
 この事件は驚きました。

 第一に不正実行者の役職です。
「経営管理部長」といえば、一般的には企業内容開示に係る責任者として、また社長の右腕として位置づけられるような相当な権限が付与されている役職です。当然に銀行の届出印の使用権限も付与されているでしょうから、これを不正使用して会社の資金を着服することくらい「やろうと思えば」容易なことです。
しかし、そうした立場にある人間は通常、相当な責任意識の持ち主であって、相応の実力や会社への貢献、社長他、従業員からの信頼があるのが一般的です。当然に「そんな不正をしたら、直ちに発覚する」ということは、十二分に理解しているはずですから、「やろうと思わない」のが通常です(不謹慎かも知れませんが、もしこうした不正を行う覚悟があるなら、発覚した時点では不正実行者は行方不明になる方が、犯罪心理的には自然なことなのかも知れません)。

第二に不正発覚のタイミングです。
ソリトンシステムズは3月決算ですから、2012年3月の決算に関して、6月下旬は株主総会開催、監査法人の監査報告書の提出、有価証券報告書及び内部統制報告書の提出といった重要事項の目白押しの時期です。不正が発覚したのは、これらが全て完了した2012年6月29日なのです。

「もう少し早く気が付かなかったのか?」
「実のところは気が付いていたのではないか?」
「監査人の後発事象のチェックは十分だったか?」
そんな多方面に大きな疑問が沸く、とても厄介な時期(逆に言えば、絶妙のタイミング)に不正が発覚したのです。
上記二つ不正実行者の役職と不正発覚のタイミングの不自然さに鑑みれば、もしかしたら、この経営管理部長は、発覚することを知りつつ(又は発覚するだろうタイミングまで見計りつつ)、この不正を行ったのではないかと勘繰ってしまいます。
「何のために?」 
 経営管理部長が、会社に対して何か大きな不満があったのか、納得行かないことがあったのか?
 当然、私にはわかりませんし、ゲスの勘繰りの域を超えません。
 ちなみに、2012年3月期の連結当期純利益が288百万円と比較して、経営管理部長の不正170百万円の重要性は無視できません。今後の調査結果、注目しましょう。Taku
関連記事

2012年6月 セラーテムテクノロジー偽計 上場廃止

 コンピュータソフトウェア開発販売会社である株式会社セラーテムテクノロジー(大証JASDAQ)が2012年7月に上場廃止となります。
 2012年6月の四半期レビュー(第3四半期)にて、監査法人が結論不表明としたことが引き金になったようですが、監査法人が結論不表明とした理由は、代表取締役が拘留中であることから、四半期レビュー報告書の交付に際して入手すべき「経営者確認書」の内容について確認ができなかったためとされています。
 その前、2012年3月には代表取締役と財務担当取締役の両名は、金融商品取引法違反(偽計)の疑いで逮捕されています。その起訴状によると、株価の上昇を図る目的で、2009年11月に第三者割当増資により調達した資金15億円を、中国の会社の買収資金に充当するとの虚偽の事実を公表したとされます(実際には自己資金7億5千万円を通謀する三社間で2回循環させる方法により上記会社を買収したかのように偽装していました)。
 この偽計の前後の株価を見てみると、2009年6月期の最高株価が16,600円(最低株価4,350円)であったのに対して、偽計のあった2009年11月を含む2010年6月期の最高株価は123,700円(最低株価7,000円)となっています。
 最高株価を比較すると、実に7.5倍もの株価に跳ね上がっているのですから、この偽計の与えた影響の大きさを感じます(ちなみに2011年1月に1株→5株の株式分割が行われているものの、現在2012年7月3日の終値は425円でした)。
 大阪証券取引所は、上場廃止理由として上記の監査法人の結論不表明の事実に加えて、下記の理由を示しています。やはり偽計の影響の大きさがポイントのようです。

(株)セラーテムテクノロジーの行った上記開示は,投資者の投資判断にとって重要な情報を偽ったものであり,(株)大阪証券取引所の行った実質的存続性審査に対して,極めて大きな影響を与えたとともに,実質的存続性審査そのものに対する投資者の信頼を毀損したと考えられ,金融商品市場に対して悪影響を与えるものであったと認められます。加えて,(株)セラーテムテクノロジーが虚偽の開示を長期間にわたって是正しなかったことは,極めて悪質であったと認められ,(株)セラーテムテクノロジーの真相究明に対する姿勢は不十分であると認められます。また,(株)セラーテムテクノロジーが,上場会社として金融商品取引法違反(偽計)の嫌疑で告発及び起訴されたことは,重大であると認められます。これらの状況は,(株)セラーテムテクノロジーが投資者に対する重大な背信行為を行ったものと認められ,公益又は投資者保護の観点から重大であると認められます。

 一方で注目は、同社の業績です。2012年6月に公表された第三四半期(2011年7月1日~2012年3月末日)の連結売上高5,667百万円(前期比8%増)で、経常利益1,022百万円を計上しています。本業では利益を上げているのですが、なんとも残念な話です。Taku
関連記事
プロフィール

TwoNT

Author:TwoNT
 当ブログは、中里会計事務所による不正事例研究会の記事を発信しています。
 不正事例研究会 中里会計事務所
実際の事件を知ることが、同様の事件を繰り返させないための想像力を養い、対策を有効に機能させるための第一段階になると信じます。
連絡先:中里会計事務所 電話03-6228-6555
中里会計事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク